千葉県庁の職員が水着姿を盗撮「欲望を満足させるためにやった」

神奈川県鎌倉市で、女性2人の水着姿を盗撮したとして逮捕された千葉県庁に勤務する男が、「自分の欲望を満足させるためにやった」という趣旨の供述をしていることが分かった。

警察によると、逮捕された千葉県庁の職員、白戸康浩容疑者は4日、鎌倉市由比ガ浜で、海水浴をしていた31歳と30歳の水着姿の女性2人の動画をスマートフォンで撮影した疑いがもたれている。

白戸容疑者は水着姿で、スマートフォンを腹部に隠し持ち、後ろから女性2人を撮影していたとい。その後の警察への取材で、白戸容疑者が「自分の欲望を満足させるためにやった」という趣旨の供述をしていることが分かった。

職員の逮捕を受け、千葉県は「確認を進めた上で、厳正に対処し、信頼回復に努めていきたい」としている。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… を腹部に隠し持ち、後ろから女性2人を撮影していたとい。その後の警察への取材で、白戸容疑者が「自分の欲望を満足させるためにやった」という趣旨の供述をしていることが分かった。

職員の逮捕を受け、千葉県は「確認を進めた上で、厳正に対処し、信頼回復に努めていきたい」としている。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース