ETC割引はむしろ迷惑? トラックが深夜の高速で違法駐車するワケ

◆お得なはずの高速の深夜割引、運送業界は大歓迎ではない!?

「トラックドライバーが一般ドライバーに知っておいてほしい“トラックの裏事情”」をテーマに紹介している本シリーズ。

 これまでに、一般ドライバーからは一見すると「マナー違反だ」と思われてしまうトラックドライバーの行為の理由を紹介してきたが、今回は「高速道路の深夜割引がもたらすトラックの迷惑駐車と長時間労働」について紹介したい。

 高速道路の深夜割引は、自動料金収受システム(ETC)を利用したクルマが、午前0時から午前4時までの時間帯に高速道路を走行した場合、高速料金が3割引になるサービスだ。無論トラックだけではなく、他車両も利用できる。

 例えば、東京から大阪(吹田)まででかかる大型自動車の高速通常料金は、約17,500円。これが深夜割引を利用すると約12,200円となり、5,000円以上高速代が浮く。

 「配送料無料」の時流や、競合他社との価格競争に対応するべく、安い運賃が定着化する昨今の運送業界。

 それゆえ、毎日朝イチで遠方の取引先へ荷物を届ける長距離トラッ……(中略)…… //news.livedoor.com/article/detail/16886572/?p=2">2 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース