紀平凱成がリビングルームカフェに凱旋、『デビューリサイタル アンコール公演』レポート


異才ピアニストとして各方面から大きな注目を集めているピアニスト・紀平凱成(きひらかいる)が、2019年6月24日、渋谷のeplus LIVING ROOM CAFE&DINING(以下、リビングルームカフェ)で『デビューリサイタル アンコール公演』を開催した。

2001年生まれの紀平凱成は、2歳の時に自閉症との診断を受けたが、幼児期から数字、アルファベット、漢字など記号に興味をもち、難解な熟語や計算式や音符で落書き帳をいっぱいにするなど、その異才ぶりを発揮しはじめる。また同時期にロックやジャズ、クラシックなど幅広い音楽に興味を持ち、一度聴いただけの曲をエレクトーンで再現。それらの英語の歌詞も耳で聞き取り丸ごと覚え、いつしかコード本で和音も習得。風の音、雨のしずく、鳥のさえずりなどをコードネームで表現するようになっていき、小学校に入ると、徐々に簡単な意志を伝え始め、ピアニストになりたいと宣言。聴覚過敏の為、生活音にも嫌悪感を示す一方、読譜も自然と身につけ、書きためた楽譜の数は膨大なものになっていった。13歳の時には、東京大学と日本財団が進める、突……(中略)…… ):https://eplus.jp/■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース