ホームレスの人がテックを必要とする時代、図書館の役割が変わろうとしている

図書館の暖かさと静けさは、居住場所の確保に悩む人を引き寄せるものだった。しかしこの10年、こうした施設に、より多くの責任が覆いかぶさってきた。図書館が提供するデジタルリソースがこれまでになくホームレスの人たちにとって重要になっているが、図書館はこの新たな役割について用心深く展開してきた。

ほとんどの都市部居住者が知っている、ホームレスの状況が多くの都市で危機的になっているということをここで改めて述べる必要はないだろう。ホームレス問題の原因と解決策はかなり複雑だ。

しかし1980年代の精神病院の閉鎖が、病気のホームレスのかなりの増加につながったことは記すに値するだろう。その数は1990年代に退役軍人によって増え、そしてほとんどの首都圏でみられた急速な住宅地の高級化と生活費の増大でさらに増えた。

こうした背景には、情報時代の興隆がある。William Gibson(ウィリアム・ギブソン)が絶えず発してきたエピグラムでは、情報時代という未来は皆に平等には来なかった。産業が新たに作り直されたように、ホームレスの人々も体系的に、そもそも彼らを寛大……(中略)…… pener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース