ケンブリッジ・アナリティカ記事を書いた記者が訴訟費用を賄うために資金調達を開始

金を払って不法に入手した何百万ものFacebookプロフィールの使用を通じて、2016年の米大統領選挙や英国のブレグジット国民投票に影響を及ぼすためにCambridge Analytica(CA)がいかにトランプ陣営に使用されてきたか、というニュースについては何百万もの言葉で綴られてきた。最近の我々のレビューや、この事件のNetflixのドキュメンタリーの分析だけではない。 FacebookのCEOであるMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏が議会の前に引きずり出され、複数の調査が今も続いているほど、この論争は大きなものになった。

ドキュメンタリー映画、そして現在も継続中のニュースの主要人物はピューリッツァー賞にノミネートされたCarole Cadwalladr(キャロル・キャッドウォラダー)氏だ。彼女はフリーランスのGuardian(ガーディアン)紙のジャーナリストで、CA、トランプ、そしてブレグジットにつながる複雑に絡まった糸を最初に解きほぐした人物だ。

キャッドウォラダー氏は最近、TED Talkで高評価を得た講演を行った。……(中略)…… 翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース