アップルはプライバシー上の懸念に応えてSiriの応答評価を停止中

先週、Guardian誌の記事が提起した懸念に応えるかたちで、Apple(アップル)は世界中で、Siriの品質管理のプログラムを停止している。その記事は、Siri(シリ)への質問を録音したものが、品質管理のために他所で使われていることを報じたもの。Appleによれば、同社が見直そうとしているのはグレーディング(格付け)と呼ばれるプロセスで、Siriが質問を正しく受け付けたのか、あるいは誤動作によって起動してしまったのかを調べるものだという。

それに加えて同社は、今後ユーザー自身が、Siriのグレーディングのプロセスに参加するかどうかを選択できるよう、iOSのアップデートを実施するつもりだという。

Alex Hern(アレックス。ハーン)氏によるGuardianの記事は、Appleと契約して、グレーディングと呼ぶSiriの品質管理のプロセスの一部を請け負う業者の話を大々的に引用したもの。このプロセスでは、個人の名前やIDとの関連を除外した音声データの断片が契約業者に渡される。業者は、それを耳で聴いて、Siriが正しく音声を認識したか、あ……(中略)……

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース