建設現場で写真、ビデオ、その他のデータを収集するロボを開発するスペインのScaled Robotics

建設にかかる費用の約20%は、誤りを修正するために使われている。バルセロナを拠点とするScaled Roboticsは、自律走行するロボットを使って工事の進捗状況を自動的に監視し、手直しを最小限にすることを目指している。

[embedded content]

グーグルが世界中の地図を作成するために使っている車と同じように、LIDAR(ライダー)と自動運転技術を利用して、Scaled Roboticsはウォーリーの生き写しのようなロボットを作った。それを建設現場で走らせ、写真、ビデオ、その他のデータを収集して融合し、地図を作成する。

scaled_robotics_003 scaled_robotics_004 scaled_robotics_006 scaled_robotics_005

Scaled Roboticsは、「オフィスで設計したものをそのまま建設するためのツールがない」という不満から生まれた、と共同創立者のStuart Maggs(スチュアート・マッグス)氏は明かす。同氏の専門は、建設と、建築設計だ。……(中略)…… noopener">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース