米が日韓対立について訴え「2国間の政治的決断には反省が必要だ」

 【ワシントン共同】米国務省当局者は2日、共同通信の取材に対し、激化する一方の日韓対立について「双方が関係改善に責任がある」と述べ、両国に修復への努力を促した。さらに「ここ数カ月間に2国間の信頼を傷つけた政治的決断には反省が必要だ」と訴えた。

 トランプ政権はいずれも同盟国である日韓の対立への関与に消極的だったが、北朝鮮や中国の問題を抱える中、さらなる関係悪化を避けるため仲介努力に乗り出している。

 当局者は「日韓関係が悪化すれば、双方が結果に苦しむことになる」と強調。「米国はこの問題に関与し続け、両国の対話を支援する用意がある」と話した。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)……  当局者は「日韓関係が悪化すれば、双方が結果に苦しむことになる」と強調。「米国はこの問題に関与し続け、両国の対話を支援する用意がある」と話した。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース