0歳長女を車内に放置し死亡させた事件 母「長男だけ降ろした」

富山・富山市で2日に生後11か月の長女を車に放置し死亡させた事件で、逮捕された母親は調べに対し「託児施設から帰宅した際、長男だけを車から降ろした」と話していることがわかった。

保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕されたのは、富山市太田の飲食店店員・野畑寿鶴容疑者(25)。

関係者などによると、野畑容疑者は2日午前1時すぎに仕事を終えた後、知人と飲みに出かけ、午前4時30分ごろ、託児施設に預けていた2歳の長男と生後11か月の心湊ちゃんを引きとった。代行運転の車で午前5時20分ごろ帰宅した際、長男だけ車から降ろしたという。心湊ちゃんは約4時間、車内に放置され、死亡した。

野畑容疑者は4人暮らしで、当時、夫は仕事で不在だった、酒に酔っていてよく覚えていないなどと話している。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 長男と生後11か月の心湊ちゃんを引きとった。代行運転の車で午前5時20分ごろ帰宅した際、長男だけ車から降ろしたという。心湊ちゃんは約4時間、車内に放置され、死亡した。

野畑容疑者は4人暮らしで、当時、夫は仕事で不在だった、酒に酔っていてよく覚えていないなどと話している。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース