生後11カ月を車内に置き去り死なす 25歳母親「酔っていて…」

 富山市で生後11カ月の女の子が車の中に放置されて死亡した事件で、25歳の母親が逮捕されました。

 野畑寿鶴容疑者は2日午前9時半ごろまでの約4時間、富山市の自宅アパートの駐車場で車の中に生後11カ月の長女・心湊ちゃんを放置して死亡させた疑いが持たれています。2日の午前9時半の富山市の気温は31.8度でした。心湊ちゃんは窓が閉められた車の中で熱中症になったとみられています。警察によりますと、野畑容疑者は事件前、2歳の長男と心湊ちゃんを連れて外出先で酒を飲み、運転代行業者を使って明け方にアパートに帰り、その際、長男と一緒に部屋に入って心湊ちゃんは車に残したままだったということです。取り調べに対し、野畑容疑者は「酔っていて覚えていない」と供述しています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… と、野畑容疑者は事件前、2歳の長男と心湊ちゃんを連れて外出先で酒を飲み、運転代行業者を使って明け方にアパートに帰り、その際、長男と一緒に部屋に入って心湊ちゃんは車に残したままだったということです。取り調べに対し、野畑容疑者は「酔っていて覚えていない」と供述しています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース