宮迫博之 吉本と会談していた

 特殊詐欺グループとの間で闇営業を行った問題で謹慎中のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(49)が、所属する吉本興業と既に会談を行い、条件面について話し合っていたことが31日、分かった。7月19日に吉本から契約を解消されており、吉本側と話し合いの場を持ったのは、その前日の18日以来、初めて。双方で話がまとまらず、結論は先送りとなった。

 今週中にも「吉本興業と会談」と一部で報道される中、宮迫は既に吉本サイドとの話し合いの場に着いていた。7月30日午後4時半すぎ、都内の自宅から帽子を目深にかぶってマスク姿で外出。報道陣の質問にほとんど答えず、険しい表情でタクシーに乗り込んだが、そのまま話し合いに向かったとみられる。

 関係者によると、宮迫の吉本への不信感は依然解消されてはおらず、退社の意向を持つ中で会談は行われた。闇営業騒動では弁護士を立てたことで吉本との溝が深くなり交渉が決裂し、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)と謝罪会見を開くに至った。今回は代理人弁護士は立てずに単身で話し合いに臨んだという。

 宮迫の意見を吉本側が聞く形で約2時間にわたり話し合……(中略)…… 出発に前向きで“明石家興業”入りを希望。古巣復帰の可能性は低い。

 7月30日の会談では結論は出ておらず、今後も協議を継続する意向。「双方の言い分はあるのでしょうが円満な形で決着することを周りは望んでいる」(芸人仲間)。あとは宮迫の決断が待たれるところだ。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース