首藤康之×中村恩恵×郷古廉に聞く~画家の鴨居玲、彫刻家のカミーユ・クローデルを題材に新作を連続上演


SAYATEI PRODUCE『Rey Camoy 鴨居玲という画家がいた』『Cammille カミーユ・クローデル』が、2019年8月9日(金)~12日(月)東京・スパイラルホールで行われる。『Rey Camoy』では伝説的な画家・鴨居玲(1928-1985年)を取り上げ、演出をシライケイタ、構成・台本を広田淳一、ステージングを中村恩恵が務める。『Cammille』は不世出の彫刻家カミーユ・クロ―デル(1864-1943年)を題材に中村が演出・振付を手がけ、新国立劇場バレエ団から小野絢子、中島瑞生も出演する。二人の芸術家の人生を「音楽にのせ、ダンスと語りを通して舞台化」する2つの作品の企画段階から関わる首藤康之(出演)、中村(『Cammille』には出演も)、両作で演奏する世界的ヴァイオリニスト郷古廉に意気込みを聞いた。

■芸術家として“追求している人”たちの出会い

――首藤さん、中村さんが所属されているサヤテイが夏のスパイラルホールで公演するのは今年で3年目です。一昨年はマイムパフォーマンスグループCAVA(サバ)と組んだ『レニングラード・ホテル』、……(中略)…… ン) 伊東裕(チェロ)■出演:小野絢子 首藤康之 中島瑞生 中村恩恵

■公式ホームページ:http://www.sayatei.com/■お問合せ:サヤテイ 03-5275-5472(平日 11:00〜17:00)

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース