『カメ止め』上田監督が「本当に死ぬかと思った」高校時代の思い出 #jwave #ラジド

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「VOLVO DESIGN YOUR LIFE」。7月27日(土)のオンエアでは、大ヒット映画『カメラを止めるな!』の監督、上田慎一郎さんが登場。子どもの頃のエピソードや待望の新作『イソップの思うツボ』撮影秘話を訊きました。

【radikoで聴く!上田慎一郎、待望の新作『イソップの思うツボ』を語る(2019年8月3日28時59分まで)】

■遭難しかけた高校時代、泣けてきたフリーター時代

上田さんは1984年生まれ滋賀県長浜市出身。琵琶湖の北側に位置しており、人口は1万人に満たないほどの町でした。子どもの頃は手作りのいかだで琵琶湖を横断しようとしたり、民家に泊めてもいながら自転車で旅をしたりと、チャレンジすることが好きだったそうです。

上田:高2の夏休みに「手作りいかだで琵琶湖を横断したら前代未聞ではないか」と思ったんですけど、遭難したんです。1メートル以上の波がきて全然前に進まなくなって、オールも飛ばされて……(中略)…… :毎週土曜 8時−12時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース