“バレエ界のレジェンド”アレッサンドラ・フェリ&ロベルト・ボッレにインタビュー~『フェリ、ボッレ&フレンズ』まもなく開幕

イタリアが生んだ“バレエ界のレジェンド”として名高いアレッサンドラ・フェリ、ロベルト・ボッレと9人のスターが贈る『フェリ、ボッレ&フレンズ』が2019年7月31日(水)~8月4日(日)文京シビックホールで催される。A・Bプログラムを上演し、Aプロではフェリ&ボッレ共演の『マルグリットとアルマン』他を、Bプロではフェリが巨匠振付家ジョン・ノイマイヤーと組んだ「フラトレス」~『ドゥーゼ』より他を披露する。SPICEでは公演を控え来日したフェリとボッレそれぞれに緊急単独インタビューを行い、公演の見どころや意気込みを聞いた。

アレッサンドラ・フェリ インタビュー

ーー『フェリ、ボッレ&フレンズ』のAプロでロベルト・ボッレさんと全編を踊る『マルグリットとアルマン』(振付:フレデリック・アシュトン)に対する思いをお聞かせください。

私はマルグリットという女性が好きです。ジョン・ノイマイヤーの『椿姫』も踊りましたが、全3幕を通して主人公の心理が少しずつ深まっていく描き方です。それに対しアシュトンは複雑な人生の物語を1幕に凝縮させていて、同じ物語が小説から一編の詩にな……(中略)…… ニ&マルセロ・ゴメス

「作品100~モーリスのために」出演:ロベルト・ボッレ&アレクサンドル・リアブコ 

「フラトレス」(「ドゥーゼ」より)演:アレッサンドラ・フェリ、アレクサンドル・トルーシュ、カレン・アザチャン、カーステン・ユング、マルク・フベーテ 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース