暑い夜は「小豆」を使うと寝苦しさ軽減! 専門家が教える快眠のコツ #jwave #ohayomorning

いよいよ、本格的な夏の到来! 寝苦しい夜が続きます。そこで快眠セラピストの三橋美穂さんが「眠りの質を高める夏の寝室の環境」について解説しました。

【7月29日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190729063133

■夏にぐっすり眠るには?

節約のため、冷房ではなく扇風機をつけて、薄着で寝ている……という人はいませんか? 三橋さんによると、寝室が29度を超えた場合は、扇風機だけで乗り切ろうとすると、睡眠中に熱中症を起こすリスクが高くなります。冷房を使うと体がダルくなる人は、長袖、長ズボンのパジャマで体を保温しながら、上手に冷房を使いましょう。

冷房をつける際は、こんなことに気をつけてください。

・部屋の温度は28度以下に。温度と湿度が高いと汗が蒸発しにくいので、熟睡に必要な体温低下が妨げられます。28度以上になると熱中症のリスクが高……(中略)…… NING RADIO』放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース