足立区でルームシェアの男性を殺害か 中国人の男を再逮捕

 東京・足立区のマンションでルームシェアをしていた男性を包丁で刺して殺害したとして、中国人の男が再逮捕されました。

 中国人のリュウ嵩巍容疑者(23)は19日、足立区西新井栄町のマンションのベランダで中国人の男性(20代)の首や胸などを包丁で刺して殺害した疑いが持たれています。警視庁によりますと、リュウ容疑者は男性とルームシェアをしていて、部屋の片付けなどについてトラブルになっていたということです。男性は当時、引っ越しのため、荷造りをしているところでした。リュウ容疑者は事件後、路上で包丁を持って歩いているところを銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されていました。警視庁は詳しい動機などについて調べています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… て、部屋の片付けなどについてトラブルになっていたということです。男性は当時、引っ越しのため、荷造りをしているところでした。リュウ容疑者は事件後、路上で包丁を持って歩いているところを銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕されていました。警視庁は詳しい動機などについて調べています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース