マルタ・アルゲリッチが絶賛したピアニスト ニコラ・アンゲリッシュ来日ソロ・リサイタルが決定

2019年10月15日(火)紀尾井ホールにて、ニコラ・アンゲリッシュ(ピアノ)のソロ・リサイタルが開催されることが決定した。

ニコラ・アンゲリッシュは、1970年アメリカ生まれのフランス系ピアニスト。13歳でパリ国立音楽院に入学し、アルド・チッコリーニ、イヴォンヌ・ロリオ、ミシェル・ベロフに師事。プルミエ・プリ(1等賞)を授与され、卒業した。仏/ル・モンド・ド・ラ・ミュジク誌 「ショク」賞(CD:『リスト:巡礼の年』全曲)、ロンドン/オンライン・ミュージックマガジン「Bachtruck」5つ星(最高ランク/2019年4月フィルハーモニー・ド・パリでのリサイタルに対して)を受賞するなど、彼のCDやコンサートは国際的に名高い賞を数多く受賞している。ヤニック・ネゼ=セガンや大野和士をはじめとする著名指揮者や各国オーケストラ、演奏家たちとの共演、世界の音楽祭でのリサイタルなど各国で活躍するピアニストだ。

日本で初めて注目されたのは、2004年、クルト・マズア指揮フランス国立管弦楽団・日本ツアーのソリストとして来日し、難曲で知られるブラームス「ピアノ協奏曲 第2番」……(中略)…… p>

NHK交響楽団定期公演

10月18日(金)19時 NHKホール

10月19日(土)15時 NHKホール

(曲目)

ラフマニノフ: パガニーニの主題による狂詩曲 op.43

共演: トゥガン・ソヒエフ指揮 NHK交響楽団

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース