日本製品不買を主張するソウル市長 愛車は日本車のレクサス

 7月5日、韓国・ソウル市内の旧日本大使館前で、日本製品の不買を訴えるデモが行なわれた。日本政府が対韓輸出の管理強化を実施した7月4日以降、韓国内では反日感情が高まり、韓国の世論調査では、日本製品の不買運動に「現在参加している」との回答が48%に達した。

【写真】次々と反日的な政策を打ち出す文在寅大統領

 今回の騒動では日本車がキムチをぶつけられたり、「売国奴」と赤いスプレーで落書きされた写真がネットを賑わせた。

「それでも韓国人にとって日本車は憧れの的」と語るのは在韓ジャーナリストの藤原修平氏だ。

「昨年末、韓国メディア・アジア経済は『韓国では今年日本車が4万台以上売れたのに、日本で販売された韓国車はわずか5台だった』と自嘲気味に報じていました。日本車の中でも人気はレクサス。日本製品不買を主張する朴元淳・ソウル市長の愛車もレクサスです」

 替えが利かないと言われているのは日本製の文房具だ。

「韓国製のボールペンはすぐ壊れてしまうが、日本製は丈夫で長持ちです。消しゴムの性能も日本製のほうが段違いなので、日本の……(中略)…… p>

 さらに藤原氏は、「日本のアニメや漫画は大人気。スーパーで売っているアニメキャラのおまけがついたお菓子をせがむ子供をよく見ますが、今は店頭から商品が排除されてしまったので、困っている子供が多いのではないか」という

※週刊ポスト2019年8月2日号

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース