ラブドール盗難事件に「完全勝訴」秘宝館館主の執念で賠償金支払い命令

 奇妙な“誘拐事件”が決着! 2016年6月に岩手県の山中で、「八潮秘宝館」(埼玉県八潮市)館主が撮影のため置いていたラブドールが盗まれた事件で、館主が窃盗犯を相手取り、損害賠償を請求した訴訟の判決が、このほど埼玉・越谷簡易裁判所で言い渡され、中川翔吾被告(27)に対し、賠償金131万円余りの支払いを命じた。ラブドールは同被告がネットオークションに出品したことで足がつき、昨年9月、館主の元に戻ったが“完全勝訴”までには館主の並々ならぬ執念があった。

 越谷簡易裁判所は“ラブドール誘拐犯”中川被告に対し、窃盗罪に加え、ラブドールに対する“傷害”ともいえる器物損壊罪、盗難品を売却する際に繰り返し行った詐欺行為も認めた。

 事件は、16年6月29日、岩手県の山中で「八潮秘宝館」館主・兵頭喜貴氏が所有するラブドール4体(ほかに頭部が6個)と衣装類など(計約260万円相当)が何者かに盗まれたもの。17年8月になって、盗難品とおぼしき人形の頭部が、ネットオークションで販売されているのを兵頭氏の友人が発見。同オークションを通じて中川被告からラブドールの頭部を購入した人物……(中略)…… 、共犯の弟に対して行うつもりです。犯罪一家の資産状況の調査、強制執行の手続きなど、やることはたくさんあります。刑事罰として私に科せられる罰金は、クラウドファンディングで集めた資金でまかなうことを検討しています」

 執念のラブドール奪還と完全勝訴劇となった。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース