全米のブロードバンド普及率の低さを5Gで解消できるか

ここ数年、ブロードバンドのインターネットは、水道や都市ガスのような社会インフラと見なされるべきものであると、多くの人が指摘してきた。ネットにつながっていることは、生活のほとんどあらゆる面で不可欠なこととなっている。ところが、最近の報告によると、米国内では、高速接続が、一般に考えられているほど普及していないようだ。

最新のRural America and Technology(アメリカの田舎とテクノロジー)という調査では、NPDは米国の家庭の31%がブロードバンド(ダウンロード速度が25Mbps以上)のインターネット接続を備えていないと指摘している。調査対象となったのは約1億世帯だ。当然ながら、ブロードバンドを備えていない世帯は田舎に集中している。そこでは、ブロードバンド接続があるのは人口の5分の1未満に過ぎない。

ブロードバンド接続は、ほんの少し前まで贅沢なものと見なされていた。それが急速に仕事から健康、そして娯楽まで、現代の生活には不可欠なものとなってきた。このように都市と田舎で、テクノロジーへのアクセスが偏ることは、アナリストが……(中略)…… a>]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース