蚊に刺され続けるとアレルギー反応は薄くなる? 夏の虫刺され対策を紹介 #jwave #jamtheworld

蚊や蜂など、虫に刺されることが増える夏。ただの虫刺されだと思って放っておくと危険なことも。わかばひふ科クリニックの院長・野崎 誠さんが、虫刺されのアレルギー反応について解説しました。

【7月24日(水)『JAM THE WORLD』の「KODANSHA CASE FILE」(ナビゲーター:グローバー)】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190724193204

■虫刺されには経験値がある

蚊に刺されることが多くなるこの時期。蚊に刺され続けると、アレルギー反応は薄くなるのでしょうか? 野崎さんは、「刺されていくうちにアレルギー反応は徐々に弱くなるのは、虫刺されも同じ」と話します。例えば、アラスカなどで何百回、何千回と虫に刺される人は、1年ほどで蚊に刺されても反応しなくなってきます。

野崎:反応が弱くなるのは何十回も刺された上での話なので、やはり最初の1回、2回は反応は強く、激しく出てくることが多いです。そこは塗り薬を塗って抑えたほうがいいと思います。虫刺……(中略)…… 水・木曜 19時−21時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース