ヤニック・ネゼ=セガン指揮、フィラデルフィア管弦楽団の来日ツアーが決定

2019年11月3日(日)京都、11月4日(月)・5日(火)・7日(木)東京にて、ヤニック・ネゼ=セガン指揮『フィラデルフィア管弦楽団 2019年11月来日ツアー』が行われることが発表された。

フィラデルフィア管弦楽団は、1900年創設。アメリカ屈指、世界有数のオーケストラとして、ストコフスキー、オーマンディ、ムーティ、サヴァリッシュ、エッシェンバッハ、デュトワらが音楽監督や首席指揮者を務め、「華麗なるフィラデルフィア・サウンド」と称賛される、世界でも唯一無二の豊麗な音色を築き上げた。2012年、若手屈指の天才指揮者ヤニック・ネゼ=セガンが指揮者に就任した。

ネゼ=セガンは、ドゥダメルやネルソンスらと共に指揮界に台頭、昨年秋にニューヨークのメトロポリタン歌劇場(MET)の音楽監督の座を引継ぎ、またベルリン・フィルやウィーン・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管やローマ・サンタ・チェチーリア管、ボストン響、バイエルン放送響などにも頻繁に登場しているマエストロだ。経済的な問題で頭を抱えていた名門フィラデルフィア管において、瞬く間にめくるめく豪華な音色を、巨大な……(中略)…… な音色を築き上げた。その伝統と最上の技量はアップデートされ、2012年からネゼ=セガンがそれを率い、さらに向上させている。1936年に米国の楽団として初めて欧州ツアーを敢行し、ラフマニノフ「交響的舞曲」の世界初演、マーラー「第8交響曲」やストラヴィンスキー「春の祭典」の米国初演を行った楽団でもある。

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース