霜降り明星がイベント出席 吉本を巡る記者からの強引な質問をかわす

 お笑いコンビ・霜降り明星が25日、東京・銀座三越で行われた『スヌーピー in 銀座』プレスイベントに出席。囲み取材で、渦中の吉本興業について質問が飛ぶも明言を避けた。

【写真】スヌーピーとハグする粗品&せいや

 “ピーナッツフレンズのタイムトラベル”がテーマの同展。なんとか吉本の問題と結びつけようと「吉本の芸人さんと岡本(昭彦)社長の間でかわされたやり取りでタイムトラベルできるなら」と無理やりな質問も飛び出し、せいやは「スヌーピーで頭いっぱいなんで…」とかわした。

 粗品も「ちょっとスヌーピー関係ないですよね。もうちょっとお上手につないでもらえたら」とダメ出し。同席した長嶋一茂も、吉本興業の現状について意見を求められたが「僕もスヌーピーのことで頭いっぱい。娘たちにどのTシャツを買って帰ろうかと思ってた」と答えていた。

 イベント退席時にも“闇営業”について言いたいことはあるかと、最後に記者陣から質問が飛んだが、せいやと粗品は「スヌーピーの営業に行きたい!」と宣言。粗品は「(質問が)強引すぎるって」と笑いながら会場を後にした。

 毎……(中略)…… いるスヌーピー催事の今年のテーマは“ピーナッツフレンズのタイムトラベル”。スヌーピーとピーナッツの仲間たちが平成から原始時代までを巡り、新たにデザインされた10枚のオリジナルアートを使用した銀座三越限定商品などが並ぶ。催事はきのうから始まり、8月12日まで開催される。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース