韓国が軽空母の建造を計画か 仮想的には日本を想定と筆者指摘

韓国の朝鮮日報の報道によれば、韓国軍が日本に対抗して垂直離着陸機を搭載する軽空母建造するとのことです。
F35Bステルス戦闘機10機を搭載、3万トン級の空母だそうです。

韓国軍、垂直離着陸機を搭載する軽空母建造へ
F35Bステルス戦闘機10機を搭載、3万トン級
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/23/2019072380048.html

興味深い点は、記事をよく読むと、この話実は「長期需要として推進すると決定」しただけであり、計画は今だ白紙、国防中期計画にも反映されておらないのでした。

「大型輸送艦II」事業を長期需要として推進すると決定した.
「国防中期計画に反映された後、およそ10年経てば艦が建造されるだろう」

つまりまだ未定ですが国防中期計画に反映された後、その後およそ10年経てば艦が建造されるはずだというわけです。

少なくとも実現するのに10年以上は掛かるだろううえに、現段階では「推進」すること……(中略)…… ではなくもはや日本であるという点であります。

そしてそれを政府もメディアももはや隠そうとしていないのですね。

「日本の軽空母保有の動きに対応」

韓国はどちらを向いて軍備を整備しようとしているのでしょうか。

(木走まさみず)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース