「客観的に見て危険だった」カンニング竹山が吉本社長の会見に指摘

 お笑いタレントのカンニング竹山(48)が22日放送のAbemaTVニュース番組「Abema Prime」に生出演。この日、所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業の岡本昭彦社長が行った会見について言及した。

 「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日に記者会見したのを受けて、「あんなにつらい思いをさせてしまい申し訳ない」と謝罪。「処分を撤回したい」と2人の契約解消を撤回するとし、「戻ってきてほしい」と述べた。

 宮迫が告発した「お前ら(録音のため)テープ回していないやろな」という発言については「僕的には、ミーティングでの話が一向に進まず、しゃべりづらいのか、環境が違うのか…。なので、彼ら4人で向き合った時に冗談で『テープを回してるんちゃうか』と冗談で言った。でも受け入れられず、笑われることもなく」といい、“全員クビ”発言も「和ませようとした」と釈明した。

 竹山は「僕はほかの事務所所属で、よその事務所について言うのはルール違反かもしれませんが、客観的に会見を見させて……(中略)…… 印できるんじゃないかという感じがあった」と会見の印象を述べた。

 「日本中がものすごく興味を持っていたと思う。明日以降もテレビとかでこの会見の模様が流れて、もっと注目が集まるのに。客観的に見て、吉本を一つの企業として見て、危険な会見をしたと思う」と語った。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース