アポロ11号が最初に持ち帰った月の石をスマホで堪能しよう

アポロ11号の月面着陸から50周年を迎えたNASAは、今さまざまな方法で祝っている。その中には、世界中どこにいようと、スマホさえあればだれでも体験できるものもある。NASAのARES(Astromaterials Research & Exploration Science=宇宙材料研究探査科学)部門は、史上初めて採取された月の土と石の詳細な3Dモデルを公開した。それは人類として初めて月面に降り立った宇宙飛行士、ニール・アームストロング氏が持ち帰ったもの。

このリンクをスマホで開けば、月の石をその場でいじってみることができる。3Dモデルがブラウザー上に表示されるので、タッチ操作で回して向きを変え、いろいろな角度から見ることができる。そのディテールは驚異的なレベルだ。ARESによれば、実際に「研究グレード」のものだという。これは、ARESが保管している大量の月と南極隕石のサンプルを、研究、教育のために、より多くの人に公開しようという大きな取り組みの一貫なのだ。

これらの3Dモデルは、超高解像度の写真から生成された……(中略)…… 原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース