ガン診断に特化して医師を助けるGoogleのSMILY

ガンの発見と診断は、それで生計を立てている医療専門家にとってさえ複雑で難しいプロセスである。Googleの研究者たちが開発した新しいツールは、不審なまたは既知の癌性細胞に対する画像検索を提供することによって、このプロセスを改善することができるかもしれない。だがそれは、単純なマッチングアルゴリズム以上のものだ。

多くの場合診断プロセスの一環として行われることは、顕微鏡下で組織サンプルを検査して、ガンの特定の形態を示している可能性のある、特徴的な兆候または形状を探すことだ。ガンも体も全て異なっているので、これは長くて骨の折れるプロセスになる可能性がある。そしてデータを検査する人間は患者の細胞を見るだけではなく、それをデータベース中の(場合によっては書籍に印刷された)既知のガン組織とも見比べなければならない。

これまで何年もの間十分に実証されてきたように、類似の画像をお互いに照合することは、機械学習エージェントにとても適した仕事である。それは、1枚の画像を投入すると視覚的に類似のものを発見してくれる、Googleの画像検索を実現しているものと同じ技術だ。そ……(中略)…… el="noopener">原文へ]

(翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース