吉本興業には感謝しかない 宮迫博之と田村亮の苦しい胸の内

"闇営業問題"で吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之が20日、ロンドンブーツ1号2号の田村亮とともに、都内で謝罪会見を行った。

問題が発覚した6月上旬から、当事者の会見は初めてのこと。吉本興業の関与が途切れたタイミングで開かれた。

二人は、所属先だった吉本に対し、先月のうちから謝罪会見を開きたいと嘆願していたという。


(左から)宮迫博之、田村亮

亮は、岡本昭彦社長に直接頼み込んだそうだが「そのとき、岡本社長が(当該芸人以外)『すべて外に出ろ』って、5人になりました。『おまえらテープを回していないやろな、(会見を)やってもいいけど、ほんなら、全員、連帯責任でクビにするからな。俺には、全員クビにする力がある」と会見が開かれなかった、やり取りを告白。亮は「僕ら、何も言えなかったです」と上層部の指示に従ってしまった経緯を明かした。

記者から「一昨日に契約解消や、引退という流れになった。そこまで追い込まれる状況になる前に、例えばSNSなどで、自身の気持ちを伝える手段があったのではないか?」という質問が飛んだ。

「そう……(中略)…… 安になったり。ネット(媒体)のことを止めようと感じてしまいまして…。もともと好きだった会社なのに、こんな風に変わっていくんだと、どんどん思いが変わっていきました。ファミリーだとか言ってくれていた方が、こんな風に変わってしまったことにビックリしています」と残念がっていた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース