UNISON SQUARE GARDEN・斎藤宏介、バンドを始めたきっかけはsyrup16gとの出会い

J-WAVEで放送中の番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。7月13日(土)のオンエアでは、UNISON SQUARE GARDENの斎藤宏介さんがゲストに登場。音楽との出会いや、衝撃を受けたライブについて話しました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年7月20日28時59分まで)

■初めて買ったCDはglobe

ニューヨーク生まれの斎藤さん。4歳のときに少しだけ東京に戻り、その後、ロンドン、シンガポールと渡り、日本で生活するようになりました。

斎藤:ロンドンは小学1年から4年までいました。今振り返るといい経験だったと思うんですけど、日本の音楽が簡単に聴けないことが悔しくて。
クリス:音楽にはいつ目覚めたんですか?
斎藤:もともと趣味で母がピアノ、父が合唱とかをしていて、基本的に音楽が流れている家ではありました。自分で音楽が好きだなと思ったのは小学校に入るくらいですね。母にピアノを習って、3歳上の……(中略)…… フィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース