東京バレエ団がウィーン国立歌劇場に出演 バレエ版「仮名手本忠臣蔵」で討ち入り

創立55周年をむかえる東京バレエ団は、文化庁「国際芸術交流支援事業 海外公演」の一環として2019年6月19日(水)に日本を出発、ヨーロッパ3か国5都市、計11回の公演を行い、7月2日(火)に世界最高峰の歌劇場、ウィーン国立歌劇場で3回公演の初日に臨んだ。ウィーン国立歌劇場数百年の歴史の中でも外来のバレエ団を招聘して公演を行うのは珍しく、今世紀に入ってから招聘されたのは東京バレエ団のみとなる。

2019年は、日本とオーストリア友好150周年の節目の年にあたることから出演依頼があり、今回の公演が実現した。東京バレエ団はこれまでにも1986年、1989年と2回同歌劇場に出演しており、今回は30年ぶりの帰還となった。演目は、現代バレエの巨匠振付家、モーリス・ベジャールが東京バレエ団のために創作したオリジナル作品『ザ・カブキ』で、「仮名手本忠臣蔵」をバレエにしたものだ。

『ザ・カブキ』のチケットは全3回公演がソールドアウトし(客席数は1,709)、当日のキャンセル待ち、立ち見券を求める人々が早くからチケット売り場に並んだとのこと。主役をつとめた柄本弾は定評ある由良……(中略)…… 『ドン・キホーテの夢』

■公演日程:2019年8月25日(日)

■会場:めぐろパーシモンホール■出演:第1回目 11:30開演(開場11:00)キトリ:秋山 瑛 バジル:池本祥真

第2回目 14:30開演(開場14:00)キトリ:伝田陽美 バジル:柄本 弾

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース