京アニの放火事件で確保された男 コンビニ強盗起こした前科も

 京都市伏見区の名門アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオを襲った放火による大火災。鉄筋コンクリート造りの3階建てスタジオはほぼ全焼。当時スタジオにいた従業員74人のうち33人の死亡が確認され、17人が重症を負い入院した。

【写真】事件現場の写真(9枚)をすべて見る


「京都アニメーション」の火災現場 ©吉田暁史

 放火したとみられる青葉真司容疑者(41)は、近隣住民からの通報を受けて現場に急行した京都府警によって確保された。確保の瞬間を目撃した女性によると「男は赤いTシャツにジーパン姿で、火傷で足の皮がめくれていた。警察の『なぜ(放火)したのか! どこから入った!』という詰問に対して、怒ったように声を荒げて『ガソリンを撒いて火をつけた』『パクられた!』と叫んでいました」。

 事件前、現場の近隣で青葉容疑者に似た人物がたびたび目撃されていた。近所に住む女子中学生が語る。

「赤いTシャツを着た男を公園で何度か見かけました。事件前日の17日13〜14時頃と、当日18日の朝8時頃です。一昨日はデニムの短パ……(中略)…… くなどしている。その後も部屋のドアを叩かれたため男性が苦情を言いに青葉容疑者の部屋を訪れたところ、胸ぐらをつかまれた。男性は近くの交番に通報しています」(同前)

 青葉容疑者は火傷を負い意識不明の重体だという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース