エンドポイントセキュリティのCrowdStrikeがIPO後初の決算報告を発表

エンドポイントの保護に特化したサイバーセキュリティ企業CrowdStrike(日本代理店)が、2020会計年度の第一四半期に、GAAPで売上9610万ドルを記録し、純損失2600万ドルを計上した。6月に6億1200万ドルでNASDAQにIPOした同社は、木曜日(米国時間7/18)に発表した初めての決算でそう報告している。

CrowdStrikeの株価は、そのニュースのあとの木曜日の時間外で2.5%上昇した。

同社の売上は前年同期比で103%の増、サブスクリプションの売上は116%増の8600万ドルとなった。先月35ドルだった同社の株価はその後上昇を続け、上記木曜日の時間外では82ドル近くに達した。

同社が予測している通年の売上は4億3000万ドルあまり、一株あたりの損失は72から70セントだ。

CrowdStrikeのCEOで共同創業者のGeorge Kurtzが声明でこう述べている。「今年強力なスタートを切れたことは喜ばしい。クラウドネイティブのエンドポイントセキュリティのパイオニアであるCrowdStrikeは、侵害を……(中略)…… tp://alga.no.coocan.jp/" rel="noopener">hiwa)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース