インスタが「いいね!」の数を隠すテストを日本などに拡大

【この翻訳記事は、英語版記事を抄訳したものです】

見せかけの得点をみんなが気にしなくなったら、インターネットはもっといいところになるだろうか?Instagram(インスタグラム)はそれを確かめようとしている。

4月にインスタグラムは、ほかの人の投稿に付けられた「いいね!」の総数を非表示にするテストを始めた。自分の写真やビデオに「いいね!」を付けてくれた人を見ることはできる。でも、ほかの人の投稿をそんなに気にすることはない。

インスタグラムはテストの状況を明らかにしていないが、対象地域を広げることにしたのだからうまくいっているのだろう。当初はカナダのみだったが、米国時間7月17日から、アイルランド、イタリア、日本、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランドでもテストを始めた。

なぜ「いいね!」の数を隠すのか。インスタグラムは「フォロワーがあなたの投稿を見るときに、『いいね!』をいくつ獲得したかではなく、写真やビデオそのものに注目してもらいたいから」と言っている。

言葉を変えればこういうことだ。「いいね!」の数が……(中略)…… rel="noopener">原文へ]

(抄訳:Kaori Koyama)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース