#上白石萌音 の“フェチ”とは?「押したり引いたりの技術とか…」 #jwave #stepone813

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「MUSIC+1」。7月11日(木)のオンエアでは、女優で歌手の上白石萌音さんが登場。リリースされたばかりのミニアルバム『i』(アイ)について訊きました。

■恋の歌を集めたアルバム

『i』というタイトルには、どんな意味が込められているのでしょうか。

上白石:「LOVE」という意味も込めたり「私」の意味、そして数字の「1」にもなるじゃないですか。恋をするときは1対1になるし、そういう「ひとりきり」という意味も込めたり、いろんな意味を込めました。恋を集めたアルバムなので、多面的な意味でタイトルを付けました。
サッシャ:収録されている5曲の中の『永遠はきらい』は、作詞がYUKIさんで作曲がn-bunaさん(ヨルシカ)ですが、他の曲でもさまざまなコラボレーションをしていますね?
上白石:『ハッピーエンド』という曲は、andropの内澤崇仁さんに書いていただきました。2年前も1曲書いてもら……(中略)…… E』放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース