ソニーミュージックが音楽ビジネスを再編、新会社「ソニーミュージック・グループ」設立

ソニーは、日本以外の音楽事業と音楽出版事業の中核を統合し、新しい企業グループ「ソニーミュージック・グループ」を設立する。

この大規模な組織再編により、世界展開するソニーミュージック・エンタテインメントと、音楽業界最大の音楽出版社のソニー/ATVが新会社に統合される。新会社設立後も、2社はそれぞれ別会社として経営は続けていく。

日本の音楽事業運営会社である株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは再編の影響を受けず現状の経営体制を継続する。

今回の再編は音楽ビジネスメディアのMusic Business Worldwideが独自に入手した情報によって明らかになった。MBWよれば、ソニーミュージック・グループは8月1日から始動する。新会社のCEOは、ソニーミュージック・エンタテインメントのロブ・ストリンガーCEOが兼務する。

今回の再編を前に、ソニーミュージックは音楽出版事業を運営するソニー/ATVの新たな会長兼CEOにジョン・プラットが今年4月に就任した。プラットは就任以前は、ライバルのワーナーチャペルでCEOを務めてい……(中略)…… r" target="_blank">Rob Stringer to run new Sony Music Group, housing publishing and records, from August 1(Music Business Worldwide)

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース