第16回チャイコフスキー国際コンクール現地レポート~藤田真央(第2位)入賞・ピアノ部門のすべてを聴く

藤田真央がピアノ部門で2位に輝いたことで話題を呼んだ第16回チャイコフスキー国際コンクール。同コンクールは4年に1度、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ、声楽、木管、金管の6部門で競われる、世界で最も権威のあるクラシック音楽のコンクールのひとつだ。今回の日本からの出場者は9名。全世界1200名以上の応募の中から現地・モスクワでの審査に進んだ9名の活躍はそれだけでも十二分に素晴らしいものだが、藤田同様に一次審査を通過した北川千紗(ヴァイオリン)、佐藤晴真(チェロ)もまた素晴らしかった。アメリカから出場した金川真弓(ヴァイオリン部門)も第4位に入賞している。このコンクール開催期間中(2019年6月18日~30日)、ピアノ部門出場者の演奏をすべて現地の会場において生で聴き、勝敗の行方をつぶさにチェックしていた人物がいる。ピアノ教育家として数多くのコンクール指導を行い、自身も各地のコンクール審査員も経験する江夏範明氏だ。そんな江夏氏にSPICEは、モスクワでの“熱狂の二週間”についてレポートを依頼した。以下、お読みいただきたい。


チャイコフスキー国際コンクールは4年……(中略)…… ):https://eplus.jp/■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース