「母親を刺した」那覇市で刑務官の56歳息子を殺人容疑で逮捕

沖縄県那覇市の住宅で85歳の女性が殺害された事件で、警察は、刑務官で56歳の息子を殺人容疑で逮捕した。

警察によると、17日午前8時前、那覇市の住宅から、「女性が血だらけで倒れて、呼吸をしていない」と、消防に通報があった。

警察と消防が駆けつけると、この家に住む比嘉幸子さんが2階の寝室で血を流して倒れていて、まもなく死亡が確認された。比嘉さんの首や胸には複数の刺し傷があり、警察は殺人事件として捜査していたが、通報から約2時間後、比嘉さん宅の上の階に住む息子で、休職中の刑務官・比嘉淳容疑者を殺人容疑で逮捕した。

調べに対し、「母親を刺した」と容疑を認めているということで、警察は動機などを調べている。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… pics/keyword/3329/">殺人事件として捜査していたが、通報から約2時間後、比嘉さん宅の上の階に住む息子で、休職中の刑務官・比嘉淳容疑者を殺人容疑で逮捕した。

調べに対し、「母親を刺した」と容疑を認めているということで、警察は動機などを調べている。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース