少年隊リーダー錦織一清が独立?ジャニーズ「後追い退所」加速も

【緊急連載「J帝国 崩壊前夜」4】 ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さん(享年87)が死去して、1週間が経過した。大黒柱を失ったことで、元「SMAP」中居正広(46)らの去就が注目される(本紙12日発行1面)中、意外な所属タレントの退所情報が急浮上した。ジャニーズで最長タイとなる42年の在籍歴を誇る錦織一清(54)だ。「少年隊」のリーダーが退所すれば、同グループの解散はもとより、大先輩を追うようにジャニーズを後にするタレントが続出しかねない。

 俳優の東山紀之(52)が14日、メインキャスターを務める情報番組「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)で、大恩人・ジャニーさんへの思いを語った。厳しく指導されたが、唯一ほめられたエピソードとして「ユー、魚の食べ方うまいね。プロ級だよ」と言われたことを苦笑しながら告白。自身の今後については「(事務所の)経営に携わるのでなく、ジャニーズイズムを行動で見せたい」と現役の決意を示した。

 東山は一時、事務所の次期社長ともいわれていた。藤島メリー泰子副社長の娘である藤島ジュリー景子副社長と結婚し、事務所のトップの座を継……(中略)…… 齢53歳。古参のファンからは「中年隊」と呼ばれて親しまれてきた「少年隊」。そんな最古参の錦織が退所するとなれば、その影響は決して小さくない。

「ジャニーさんがいたから」との理由で事務所に残っていたタレントたちが、大先輩の後を追うことになりかねない。(続く)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース