ペット用フードを調理できるKibusの自動給餌器

最近開催された、Brincの香港本社でのミーティング中のピッチで、バルセロナを拠点としてKibus Petcareを開発しているチームが、多くのミレニアル世代がペットを「家族の一員」だと考えていると指摘した。そうした種類の声明は、もちろんさまざまな形で語られているが、大多数にとってそれが意味しているのは、家庭内で調理した食事を犬や猫に与えることだ。

ウサギの飼い主である私にとって、それが意味するのは(幸いなことに)、1日一度シンクでルッコラを洗う程度のことである。だが、その他のペットオーナーたちにとっての作業はより手間がかかる可能性がある、そのふわふわの仲間たちのために、同程度あるいはそれ以上の作業を行う必要があるかもしれないからだ。

Kibusのピッチで語られたのは、妥協点を探るやり方だ。同社の機器は、ほんのわずかの手間で、犬や猫のための家庭料理的なものを提供するようにデザインされている。このシステムは、フリーズドライペットフードを詰めたプラスチックカートンを受け取る。適当量の水を注いだあと、システムが……(中略)…… keurig-for-your-pet/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:sako)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース