チンパンジーにならない方法をFactfulness共著者、アンナ・ロスリング氏に聞いてきた

Factfulnessがベストセラーとなっている。この本は半年前にTechCrunchで書評したのでご記憶の読者もあるかと思うが、発行部数はシリアスな翻訳ノンフィクションとしては異例の41万部となっているという。副題の「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」が内容をよく表している。この本はその役目を間違いなく果たすと思う。

主著者のハンス・ロスリング博士はスウェーデン人で公衆衛生に関する世界的権威だったが2017年に急逝したため、子息のオーラ・ロスリング氏と妻のアンナ・ロスリング・ロンランド氏が原稿を整理、補筆、ビジュアル化して本書に仕上げた。日本で大きな注目を浴びたことを機に共著者のアンナ・ロスリング氏が来日して講演し、メディアのインタビューを受けた。TechCrunchでも話を聞く機会があったので紹介したい。インタビューは丸の内北口ビルのWeWorkの会議室で行ったが、その後アンナ氏を囲むパーティーで尋ねた部分も含まれている。

Q:連日休みなしに取材に応じてると聞きましたが大変ですね。

A:平気……(中略)…… ">滑川海彦@Facebook

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース