謝罪訪問をいくどとなくこなす 謝罪のプロが「極意」を明かす

どんなビジネスマンにとっても憂鬱な「謝罪」。

「クライアントからなんと言われるのか」「今後の付き合いはどうなってしまうのか」と考えるだけて気が重くなりますよね。

そんな謝罪訪問をいくどとなくこなした、謝罪のプロがいます。

それが、日本マイクロソフトの最高品質責任者(CQO)として、585回もの謝罪訪問を経験した越川慎司さん。

自著『謝罪の極意』では、その経験から学んだ「相手に伝わるコミュニケーション術」「関係者を巻き込んで複雑な課題を解決する方法」について書いています。

そのなかで気になったのは「謝罪はピンチではなく、自分を成長させるチャンス」という言葉。謝罪を通して成長するメソッドの一部をお届けします。


謝罪には個人と会社の目線がある

可能であれば誰もが避けたい謝罪訪問という仕事ですが、どういう気持ちで臨むべきなのでしょうか。

個人の目線では顧客のことを考えて問題を解決し、達成感を得て成長することが理想です。

怖さやストレスを感じることもありますが、複雑な問題……(中略)…… 同書には、謝罪訪問の準備から当日の流れ、アフターケアの方法など、再現性のある「謝罪のノウハウ」が詰まっています。

ビジネスマンとして生きていくには、謝罪は避けられないもの。それならばこの『謝罪の極意』を手に取って、あなたの成長のために活かしてみてください。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース