ピアノ音楽の魅力に出会える2日間『第4回THE PIANO ERA(ザ・ピアノエラ)』開催


『第4回THE PIANO ERA(ザ・ピアノエラ)』が​2019年11月30日(土)、12月1日(日)、めぐろパーシモンホール 大ホールで開催される。「THE PIANO ERA」は、2013年にスタートし、近年メキメキと拡張し躍動を続ける”今聴くべき世界の「ピアノ音楽の現在」” にフォーカスし、多様に発展してきている世界のピアノ音楽の今を体感するとともに、ピアノから放たれる、弾く者の音から染み出る音楽性や個性、生まれ育った文化までも感じ取ろう、ということをコンセプトにしている。

第4回目の今年は、南アフリカ・ブラジル・ポーランド・イスラエル・アメリカ・日本から個性的で創造性溢れる音楽家が集う。

”アフリカン・ピアノの後継者”カイル・シェパード(南アフリカ)は、同じく南アフリカのドラマー、クロード・カズンスとベーシスト・松永誠剛とともに、南アフリカと日本のルーツ・ミュージックであり、かつ最先端の響き ”A Portrait of Home~ルーツの肖像~”を奏でる。

ニタイ・ハーシュコヴィッツ(イスラエル)はイスラエルをルーツに自……(中略)…… ニーワークス

■後援:出演者各国大使館(予定)■協力:RYU/Kentec/Inpartmaint Inc./ULTRA VYBE/Gondwana Records/Core Port/ワーナーミュージック・ジャパン /一般社団法人スキヤキ・オフィス/タカギクラヴィア/やまだあずさ工房

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース