新演出版が遂に日本で開幕、伝説が進化したマシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』


1995年、男性がスワンを踊るという新解釈によりバレエ界に革命を起こした作品、マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワンレイク~』が新演出版となり、2019年7月11日に渋谷のBunkamuraオーチャードホールで来日公演が開幕した。

[embedded content]

【動画】マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」キャストよりコメント


  美しさだけではないスワン

1995年の初演時に演出・振付のマシュー・ボーンと共に本作を創り上げたのが、あの世界的ダンサー、アダム・クーパーだった。今回アダムもこの新演出版の稽古に参加し、新スワン/ストレンジャー役のキャストに役の持つ本質的な部分を伝えた。「重要なのは美しさだけでなく、男らしさや繊細さも見せることです。本来動物が持つ怯えや強さなどをどう表現するか、初演時はそんなことばかり考えていました。初演から数年たち、この作品が少年たちがダンスを始めるきっかけとなり、男性の踊りの素晴らしさを感じてもらえることは本当に嬉しいことです」

キャスト・スケジュール表

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース