「古い」イメージからの脱却を図る団地 「住まい力の高さ」に注目か

みなさんがイメージする団地とはどんなものでしょうか?
私たちが団地と聞いてイメージするのは、「公営団地」や「公団住宅」のことではないでしょうか。

ここでは、案外知られていない団地の種類と今注目されている「団地の魅力」についてご紹介します。

団地にはさまざまな種類がある

スイマー / PIXTA(ピクスタ)

実は「団地」という呼称に公的な定義はありません。

そもそも団地とは、計画的に作られた一団の住宅(住宅団地)の総称を指しますので、マンションタイプの共同住宅が何棟も連なっているものだけではなく、一戸建てが相当数連なっているものも団地と呼ばれます。

ただ、一般的に私たちが団地と聞いてイメージするのは、「公営団地」や「公団住宅」のことではないでしょうか。

公営団地(公営住宅)とは、自治体が管理運営する住宅団地(都営、県営、市営など)で、所得の少ない人や住宅に困窮している人が、一般的な賃貸住宅に比べて安価な家賃で入居することができる、いわば「住まいのセーフティネット」です。

一般的に公営団地は定……(中略)…… だった入居者同士のしっかりしたコミュニティーや、広い敷地にゆったりと建てられた建物配置、緑の多さ等、団地の魅力は他にもたくさんあります。

今あらためて団地の持つ「住まい力の高さ」が多方面から注目されているのです。

※参考UR都市機構ホームページ

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース