SMAP再結成の可能性を芸能ジャーナリストが指摘 メンバーから異論ないか

共同通信社
ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が9日午後4時47分、都内病院で亡くなった。87歳だった。

ジャニー氏は、6月18日の午後、東京・渋谷区内の自宅マンションで倒れ、広尾の病院に救急搬送された。しかも、搬送先の病院はジャニー氏がこれまで利用したことがない病院だったこともあって、業界内には〝重病説〟が流れ、病院の周辺には報道陣が殺到していた。

事務所関係者は救急搬送されたことは認めたものの、病状などは一切公表してこなかったが、入院から2週間経った7月1日、嵐のデビュー20周年を記念して開催される展覧会の記者会見の席で、嵐のメンバーである松本潤から「解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血」で入院していることが正式に発表されていた。

関係者によると搬送時には既に「意識不明の状態」だったという。「救急隊の判断で、最も近い病院に搬送したのでしょう」(取材記者)。

ただ、搬送後は集中治療室で懸命な救命措置が行われた甲斐あって一般病棟に移り、タレントやJr.たちとの面会を果たすことができたともいう。

ジャニー氏は、3……(中略)…… どクリエイティブな部分は、滝沢のジャニーズアイランド社に回していくのが自然な流れかと思いますけどね」(事情通)。

既に滝沢はアクロバット・ユニットのSnow ManやSixTONES、Travis Japanなどを手掛けている。

しかし…。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース