THE YELLOW MONKEYのインディーズ時代は…音楽ライターが語る「好きなこと全部やってる」 #jwave

J-WAVEで放送中の番組『MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY』(ナビゲーター:グローバー)。ゲストを迎え、1組の「レジェンド・ミュージシャン」をテーマに音楽談義を繰り広げるこの番組。7月6日(土)のオンエアでは、今年バンド結成30周年を迎えたTHE YELLOW MONKEYを特集。ゲストに9mm Parabellum Bulletの菅原卓郎さん(Vo/Gt)と、音楽ライター・増田勇一さんを迎え、その魅力に迫りました。

【radikoで聴く! 吉井和哉の歌詞はソロ活動を経てどう変わった?(2019年7月13日28時59分まで)】

■THE YELLOW MONKEYとの出会い

菅原さんと増田さんに、それぞれのTHE YELLOW MONKEYとの出会いを訊きました。

菅原:10歳とか11歳ぐらいの頃です。僕は山形の生まれで、田舎なのでどこに行くにも車に乗っていたんですけど、ラジオから『太陽が燃えている』が流れたんです。バンド名から小学生の想像力で、「米米CLUBみた……(中略)…… 毎週土曜 17時−17時54分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース