卵巣年齢チェックキット「F check」発売開始、約2万円で10日後に結果がわかる

F Treatmentは7月10日、卵巣年齢チェックキット「F check」の販売を開始した。卵巣に残っている卵子の数が何歳相当であるを示す「卵巣年齢」を調べられる。これによって、妊娠に向けた活動(妊活)や不妊治療のタイミングを判断できる。税別価格は1万9880円。同社は2015年11月設立の医療系スタートアップだ。

製品に含まれる専用ツールを使って自分で0.1mlの血液を採血後、血液を検査センターに送ると投函後10日程度で結果がわかる。同社代表取締役の白 正寛氏によると、2年をかけて同キットを開発したとのこと。血液中のAMHの値を見ることで卵巣年齢を判別できるそうだが、指先採血では通常採血とはデータのブレなどがあり、これらを調整するために1年半ほどの研究が必要だったという。

検査結果はスマートフォンやPCで専用のウェブサイトにアクセスすることで確認可能だ。

サイトでは、病院の検索、19項目の設問に回答することで不妊の兆候を把握できる自己診断ツールといったコンテンツも用意される。今秋には、専門家への相談サービスも開始するとのこと。 TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース