木村拓哉がジャニー喜多川さん死去に追悼コメント ご冥福をお祈りします

【モデルプレス=2019/07/10】ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)が9日、午後4時47分に都内病院にて亡くなったことが、同日事務所ホームページにて発表された。これを受け、俳優の木村拓哉が自身のWeibo(微博)にてコメントした。

【写真】Koki,(コウキ)、木村拓哉との2ショットに反響「なんて美しい親子」

◆木村拓哉、ジャニーさんを追悼
中国語圏最大のソーシャルメディア・Weiboの公式アカウントを持つ木村は、中国語で「ジャニーさん、今日までずっと懸命に走り抜きました。安らかなご冥福をお祈りします。拓哉」とジャニーさんを追悼した。

1991年、SMAPとしてデビューした木村。歌手活動だけでなくドラマ・バラエティー・MCなどでも活躍できるアイドルとして躍進し、誰もが認める国民的グループに。

俳優としても確固たる地位を築く木村だが、演技に向き合うようになったきっかけは、ジャニーさんからの紹介で出会った演出家・蜷川幸雄さんの舞台に16歳で出演したこと。ラジオ番組などでは「蜷川さんに出会っていなければ演技をしていなかった、今いないと思……(中略)…… 人物」「最も多くのNo.1シングルをプロデュースした人物」などギネス世界記録として認められるほどで、これまで少年隊、光GENJI、SMAP、嵐など、数え切れないほどの人気グループを誕生させてきた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース