大起水産会長の74歳「マグロ王」魚に触れないけど売上230億円

回転寿司業界の勢力図を塗り替える風雲児。連日の解体ショーで客の心をワシ掴み!

自慢のマグロを披露する佐伯会長。会長の座右の銘は「食は世界を制す」。外国人観光客向けの戦略も構想中だ

「お客さんに喜んでもらうために工夫すること、営業してモノを売ることは誰にも負けない自信があった。だからこそ、何とかここまでやってこれたんちゃいますかね」

 そう語るのは、「大起(だいき)水産」の創業者で代表取締役会長の佐伯保信(やすのぶ)氏(74)。ライバルひしめく回転寿司チェーン業界の勢力図を塗り替えつつある、注目の人物だ。

 ’75年の創業以来、成長を続け、いまでは大阪を中心に57店舗を展開、グループ全体の売上高は約230億円にまで上る。だが、そんな急成長中の会社を引っ張る佐伯会長には、ある秘密が……。

「実は、魚に触れないんです。30歳で大起水産を設立する前は、友人の魚屋で働いていたんですが、その頃からずっと苦手で……」

 触れずとも、食べるのは大好き。佐伯氏はアイデアで勝負した。創業当初からとにかくこだわったのが、マグロだ。

……(中略)…… の名物「生・本まぐろ丼」は、中トロ・トロ・赤身が入って980円本誌未掲載カット 魚に触れないけど売上230億円 大起水産会長・佐伯保信氏にインタビュー 本誌未掲載カット 魚に触れないけど売上230億円 大起水産会長・佐伯保信氏にインタビュー 

PHOTO:加藤 慶

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース