ドローンを使ってスプレーで巨大な壁画を描いてみよう

何の変哲もないドローンが、大きな落書きを描くところを見てみよう。イタリアのとあるデザイン会社が、ちょっとした楽しいショーを企画した。アートコミュニティからスケッチを募集し、それらをまとめて巨大な壁画にしようというもの。ドローンのチームによって12時間かけて描かれた。

塗料のスプレーによって何かを描くドローンは見たことがあるかもしれない。しかし、ファッション広告看板の下品な破壊行為は言うに及ばず、ディズニーの構造的な壁画よりも、これははるかに優れている。こちらのドローンは、実際に見る価値のあるものを描き上げたのだ!

このUrban Flying Opera(UFO)プロジェクトは、Carlo Ratti Associati(CRA)によって監修されたもの。まずアプリを使って1200点ほどの小さなイラストを集め、そこから100点を選んで1枚の壁画としてまとめた。こうして線画で構成された壁画は、1台の集中制御用コンピューターにロードされ、そこからスプレー缶を装備した4台のドローンに描画の指示が分配された。そして、それらのドロ……(中略)…… ">原文へ]

(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース